中国語

研修

良質で信頼性のあるTCLCの中国語研修

1979年に中国語通信教育講座、中国語スクーリング会話システムを開発して以来、東京外国語センターは、中国語教育サービスの質の向上に取り組んでまいりました。現在では他の語学機関の追随を許さない、良質で信頼性のある研修プログラムにより、多くの企業で高い評価を得ています。

COURSES

コース一覧

赴任・出張前中国語研修

限られた時間で中国語の基礎を固め、現地での日常生活に必要な最低限のコミュニケーション力を身につけることができます。

標準時間数:20~80時間

カリキュラム例

カリキュラム 20時間研修 40時間研修 60時間研修 80時間研修
発音と声調 ○ ○ ○ ○
挨拶と紹介 ○ ○ ○ ○
基本文法説明 △ △ ○
サバイバル表現(時間、数字、危険回避など) ○ ○ ○
掲示、地図、パンフレットなどの読解 △ ○ ○ ○
場面別会話
(買い物、食事、交通など)
△ △ ○ ○
技術指導表現 △

工場の中国語(実技指導中国語研修)

工場現場で中国語による初歩的なコミュニケーションができるようにすることを目的としたプログラムです。

標準時間数:60時間

回数 カリキュラム 回数 カリキュラム
第1回 発音、声調練習、あいさつの表現 第11回 中間復習
第2回 発音、声調練習 説明の表現(1) 第12回 介詞を用いた表現(けが・病気)(1)
第3回 発音、声調練習 説明の表現(2) 第13回 介詞を用いた表現(けが・病気)(2)
第4回 発音、声調練習 説明の表現(3)応用練習 第14回 行為と結果の表現(手順の説明、確認の表現)(1)
第5回 位置と存在の表現(2) 第16回 希望や要求の表現(安全な作業)(1)
第7回 数と量の表現(1) 第17回 希望や要求の表現(安全な作業)(2)
第8回 数と量の表現(2) 第18回 総復習
第9回 状態や変化の表現(1) 第19回 日常生活に役立つ表現(1)
第10回 状態や変化の表現(2) 第20回 日常生活に役立つ表現(2)

教材:生産技術交流のための中国語表現、中国語基本単語など(60時間コース)

中国要員育成のための中国語集中研修

初めて中国語を学習する方々を日常会話レベルまで一気に引き上げます。中国へ留学される方の事前準備研修としても適したプログラムです。「話す」、「聴く」、「書く」、「読む」の4技能をバランスよく身につけます。

標準時間数:300時間

1ヶ月目(0 - 100時間) 2ヶ月目(100 - 200時間) 3ヶ月目(200 - 300時間)
中国人
講師

主な活動

  • 発音、声調の徹底練習
  • 基本語彙習得練習
  • 簡単な日常場面会話練習

【使用教材例】

  • ポイント学習中国語
  • 基礎中国語会話など

主な活動

  • さまざまな日常場面会話練習
  • 語彙強化練習
  • 聴解力の基礎養成練習
  • 発音強化、矯正練習

【使用教材例】

  • 話す中国語 北京編
  • 実践中国語会話など

主な活動

  • 日常、ビジネス場面会話練習
  • 単語力、聴解力強化練習
  • 聴解会話総合練習
    (中国語のみの授業)

【使用教材例】

  • 役立つ中国語会話
  • ビジネス中国語会話など
日本人
講師

主な活動

  • ピンインによる発音練習
  • 基本表現形式、 構文習得練習
  • 基本文法解説

【使用教材例】

  • 中国語ステップ1(Part 1)
  • 初級コース中国語など

主な活動

  • 基礎力定着のための作文練習
  • 課題文の音読練習と文法解説
  • 基本表現形式の応用練習

【使用教材例】

  • 中国語ステップ1(Part 2)
  • 中国語の作文など

主な活動

  • 応用力養成のための作文練習
  • 読解力養成練習
  • 語彙力強化練習

【使用教材例】

  • 中国語ステップ1(Part 3)
  • 読解総合演習
  • 新聞中国語など

実務直結型中国語研修

ご要望により企業独自の内容で研修を実施することも可能です。
現在までに、大手自動車メーカーの依頼により「特許関係書類のリーディング研修」や鉄鋼メーカーにおける「ネゴシエーション研修」などを担当しています。